スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No.7 春夏秋冬

「今年の竹の子の収穫は不作だ!」…と京都という土地柄よく耳にしました。例年に比べると"雨が少なく寒い日が多かった"のが原因だそうです。
近年、世界中どこの国においても異常気象における災害や農作物の不作がテレビのニュース等で伝えられており、日本においても例外ではない様です。
小生がとても残念に思うのは日本の特徴である四季、すなわち春・夏・秋・冬のフォーシーズンが無くなり夏・冬の2シーズンになって来ている事です。
昨日までコートが必要であったのに今日はTシャツといった極端な日がしばしばあり、毎日の洋服選びがとても難しいです。
当然、春物や秋物の洋服は売れずバーゲンシーズンはだんだん早まり、消費者は賢くなり正価では買わなくなってきます。つまり夏・冬の服で間に合う時代の到来です。
我々の業界も四季それぞれお客様に提案するヘアーデザインをクリエイトする幅が無くなる事が心配です。
1年間を通してのシーズンプランが立てにくくなり、夏・冬のバリエーションのみに限定され、「春の趣きヘアー・秋の趣きヘアー」たる世界中で四季の区別が明確な日本でしか味わえない趣きが無くなる事が本当に残念でなりません。
四季のイメージがソースとなるファッション業界や旬の味覚が勝負の食の世界を悩ますのはやはり自然界のいたずらでしょうか……。

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。